福祉は幅広い分野を持っています

多くの方々がイメージする福祉の分野は、高齢者であり、介護である場合がほとんどであると思います。
しかし、福祉とは幸せに暮らすために必要な支援をすべて含むものであり、介護、生涯、貧困、子育て、暴力、非行、不登校、精神保健、生き方等のライフプランまで、幅広く含まれるものです。
福祉を学ぶと、その就職先は介護施設ばかりをイメージしている人が圧倒的ですが、実際は病院で退院支援をしたり、児童相談所で子供の生活を守ったり、法務教官として非行少年の更生等の業務を行っている人が多くいます。
また、民間企業が福祉をテーマとしたビジネスに関心を持ち、広がりを見せています。
したがって、その活躍の場や就職先はますます拡大しており、現代社会において最も「潰しの利く学び」といえるのではないでしょうか。