福祉関係の分野について

福祉関係の分野については、児童、障害者障害児、高齢者、その他生活貧窮者など挙げられます。
ただ、専門職の特徴において、それらの対象者に対しての援助だけでなく、行政や社会福祉協議会、医療関係などとの連携事項が含まれてくることが挙げられます。
行政や社会福祉協議会のような各機関は、各地域で生活していきたいという希望を叶えるために、地域とのつながりを持たせていくようなアプローチをしていくことも多くあります。
また、忘れてしまいがちではありますが、病院や保健所などの医療関係においては、患者様の中で病気や怪我、障害、金銭的な問題など、多種多様にわたる福祉的なアプローチが必要になっている場合が数多く存在しています。