地域包括ケアシステムのニーズ

社会福祉の分野には高齢者を対象にしたものや生活困窮者に対象にしたものがありますが、現在最も需要が高まっているのが高齢者に対する福祉です。
現在の日本は他に類をみないスピードで高齢化が進んでいます。
福祉の充実が叫ばれる中で、行政だけでは手が届かなくなっています。
そこで推進されているのが地域包括ケアシステムです。
これは「医療」「介護」「介護予防」「住まい」「生活支援サービス」を分断して提供するのではなく、一体と考え、日常生活圏内で提供していこうというものです。
施設に入るには費用もかかり、数も限られています。
高齢者が住み慣れた土地で安心して余生を過ごせるように、地域で連携を取り、現状を把握し、サービスを充実させていくことが必要です。